Tips : Vagrant + express + node.jsで開発環境構築(Windows 7)

最近、Node.jsをまた触り始めました。Windows 7上のVagrantで環境構築したんですが、変なところで躓いたのでメモしておきます。

node.jsは以下のメモを参考にnodebrewでインストールしました。

Vagrantの仮想環境は32bit Ubuntu12.04です。

まず必要なパッケージをババッと入れておきます。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install vim curl make g++

あとは、参照先のメモどおりnodebrewをsetupして、

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

パスの設定をして、

vim ~/.bash_profile
export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

最新のstableをインストール、有効化。

$ nodebrew install stable
$ nodebrew use v0.10.32

今現在の最新はv0.10.32でした。

express-generatorのインストール

続いて、express v4.x系のインストールをします。4.x系からはexpressコマンドを使うのに別のパッケージを入れる必要があるようです。

$npm install -g express-generator

これで、expressコマンドが使えます。

細かいところが少しずつ違うようなんですが、下記とかドットインストールベースで差分解説しているので、わかりやすいです。

そして、起動確認。(ここもnode appじゃなくて、npm start

$ npm start

win-sshfsでVagrantの作業スペースにMountする

Expressアプリを書くのに、WindowsのExplorer側からエディタで編集したいです。Vagrantでマウントされている/vagrantシンボリックリンクを使うとnpm installでエラーするみたいで使えないし、マウント先が気に入らなかったのでMacユーザ御用達のsshfsのWindows版みたいなソフトを探しました。

これをインストールします。Dokanがない場合はインストールして、再起動までしてくれます。インストールされている場合は、上書きしてもOKっぽいです。

インストールが終わったらVagrantに繋ぎます。設定は下記のとおり。(参考:Windows 8.1 + VagrantでRails4開発環境を構築する - terurouメモ

  • Host : 127.0.0.1
  • Port : 2222
  • Username : vagrant
  • Authentication method : PrivateKey
  • PrivateKey : %UserProfile%.vagrant.d\insecure_private_key

これでマウント完了!Windows側から編集して、Vagrantで実行する環境が整いました。

実践 Vagrant

実践 Vagrant

サーバサイドJavaScript Node.js入門 アスキー書籍

サーバサイドJavaScript Node.js入門 アスキー書籍